●神田川桜遊歩道
神田川桜遊歩道

●神田川桜遊歩道

ここでやっぱり
花の頃を語らなければ!
宴もよいけど、
早稲田から江戸川橋まで
神田川沿いの遊歩道をそぞろ歩くと
朧月夜にちらほらと花びらが…
うーん、何だかちょっと窮屈な日本だし、
ここいらで心を休ませてみましょう。
神田川桜遊歩道
神田川桜遊歩道
遊歩道散歩中に、こんなもの見つけました。
みなもと⇒、すみだがわ?



面影橋
都電荒川線
●面影橋

今尚早稲田-三ノ輪橋間を走る
貴重な路面電車都電荒川線。
早稲田の一つ手前?が面影橋
なんとも風流な名前だ。
おっと、こち亀…… !



●水稲荷神社

江戸時代に創られた高田富士塚は、
昭和30年代に早稲田大学が
当時の水稲荷神社の社地を購入した
ため崩されたが、
やがて現在の水稲荷神社境内に
復元された。

水稲荷神社



やまぶきの里 ●山吹の里の碑

山吹町から面影橋の一帯は、
通称「山吹の里」といわれている。
鷹狩りに出かけた太田道灌が雨にあい、
農家の若い娘に蓑を借りたかったのに、
なぜか娘は山吹を一枝差し出した。
道灌は、何だよ、と怒る。
ところがあとでわかったのが、
「七重八重 花は咲けども 山吹の
みのひとつだに 無きぞ悲しき」
という歌にあるように
(実)と(蓑)を掛けたものだった。
知らなかった~と恥じた道灌は
和歌の勉強に励んだ~
という伝承からきたものらしい。




●大隈記念講堂



大隈記念講堂
Copyright (C) A-non Eletric Field Co. Ltd. All Rights Reserved.